enjob

Just another WordPress site

プログラミングスクールおすすめ

DMM WEBCAMPの評判|カリキュラムや料金、転職について解説するよ

投稿日:

あなたは、「DMM WEBCAMPと言うプログラミングスクールに興味があるけど、本当に良いスクールなの?」と疑問に感じていませんか?

そこで今回はDMM WEBCAMPの評判やカリキュラム、料金、そもそも転職できるかについて解説していきます。

ぜひ、参考にしてください。

DMM WEBCAMPとは何か?

DMM WEBCAMPとは、DMMが運営しているプログラミングスクールで、ただプログラミングを教えるだけではなく、実務で使えるプログラミングを教える実践的な部分を重視したスクールです。

世の中にはプログラミングスクールは多くありますが、ただ単にプログラミングを教えるだけのスクールが多く、一応そのようなスクールでも頑張り次第で転職は可能です。

しかし、実務ではプログラマーはただプログラミングすれば良いのではなく、一緒に働いているメンバーや顧客とコミュニケーションを取ったり、資料を作成したり等、一般的な会社員と同様のビジネススキルも求められます。

DMM WEBCAMPでは、そのような実務で役立つようなプログラミングスキルを教える事を重視したスクールと言えます。

DMM WEBCAMPでは何を学べるのか?

DMM WEBCAMPでは、主にtwitterやメルカリなどのwebサービスや企業の業務で使われるweb業務システムを作る方法を学べます。

具体的には、webサービス開発で使われている以下のプログラミング言語、技術を学んでいきます。

  • HTML
  • CSS
  • JavaScript
  • Ruby
  • Rails

ここまでは多くのプログラミングスクールも教えていますが、DMM WEBCAMPはそれに加えて「チーム開発」もやっていきます。具体的には、他の受講生と一緒に何を作るかを決めて、それぞれの役割分担をしたうえで開発をする、と言う事もやっていきます。

実際には、下の画像の様にチームで開発を行った後で、どのように開発をしたか、どのような事に気を付けた等を発表する場も設けられており、プログラマーとしてでなく、ビジネスパーソンとしての成長の場も設けています。

 

DMM WEBCAMPでポートフォリオは作れるの?

ポートフォリオとは、主に就活で使う「自分が作った作品集」のようなものです。DMM WEBCAMPでは、最終的には自分自身でポートフォリオを作成して、そのポートフォリオを元に就活をする流れになります。

未経験からプログラマーになる場合だと、企業は「この人は成長してくれるのか、やる気はあるのか」を重視して採用を決めるので、「やる気はあります!」と口だけの奴よりも「実際に作ったよ」の方が成長してくれるしやる気を見せることができるので、現在ではポートフォリオ作成はプログラマー転職で必須と言えます。

DMM WEBCAMPもこのポートフォリオ作成を重視しており、卒業生の中には「プログラミングで分からない事を気軽に質問できるサービス」を作った方もいます。

参考URL:ToT

このポートフォリオを見る限りだと、ログイン機能やユーザーが投稿する機能などを作成しており、一般的なwebエンジニアの実務でもこれらの機能を作成することが多くあるので、より実践的なポートフォリオと言えますね。

DMM WEBCAMPはどの都道府県で開校しているの?

DMM WEBCAMPは、東京と大阪で教室を開校しており、その他の都道府県には教室はありません。なので、東京と大阪に通える人のみ受講することが可能です。

東京の教室は渋谷校と新宿校の2つ、大阪には難波に2つあります。(難波の教室は実質1つみたいなものですけど)

もし、この2つの都道府県以外の人は、他のプログラミングスクールを探すことになりますね。

DMM WEBCAMPの料金

DMM WEBCAMPの料金は一括払いで628,000円、分割払いだと月々15,500円(初回のみ20,843円)となっています。

もし、3か月のカリキュラムを終えたのにも関わらず転職できなかった場合は、全額返金制度があります。(ただし、全額返金を受けれるのは20代のみ)

「学校に通うだけで628,000円とか高すぎだろ」と思うかもしれませんが、プログラマー自体は年収が上がりやすい職種なので、十分に投資を回収できると考えれば決して高くはない金額と言えます。

実際に、ボクも未経験からプログラマーになった時は年収300万スタートでしたが、3年目にはもう1回転職をして年収500万にあがったので、十分にペイできる額といえます。(もちろん、努力をする必要はあります)

DMM WEBCAMPの良い所

1, 質問し放題、教室に通い放題

DMM WEBCAMPの教室には、常にプログラミングを教えてくれるメンター(先生)がいるので、いつでも質問し放題のメリットがあります。

プログラミングを始めたばかりって、常にエラー、上手く動かない状態との闘いになります。「入門書や入門サイトの通りにやったけど動かない」とか「そもそも何をして良いか分からない」との戦いで、これが原因でプログラミングに挫折する人もいます。

しかし、DMM WEBCAMPではいつでもメンターに質問できる環境が整えられているので、もし分からなければメンターに聞けばよいし、挫折する確率はグッと減ります。

2、実務に即した勉強ができる

先ほど言ったように、DMM WEBCAMPでは実務を意識したカリキュラムになっており、プログラミングだけでなくチーム開発も経験できます。

もちろん、実務の本番のチーム開発に比べるとまだ足りない部分もありますが、いきなりチーム開発をするよりもチーム開発の練習をするだけでも就職後の働きやすさが違ってきます。

DMM WEBCAMPのデメリット

DMM WEBCAMPのデメリットは、カリキュラムはあくまでも実務に特化していて、広がりがないことです。

プログラミングには様々な分野があって、機械学習、ゲームプログラミング、数値計算、コンピュータサイエンスなど魅力的な分野が多くあります。

しかし、DMM WEBCAMPではそれらの分野は一切勉強せずに、あくまでも実務として使われやすいwebの技術に特化しているので、プログラマーとしての広がりがなくなるというデメリットはあります。

もちろん、「そんな分野は就職してから独学で学べばよいじゃん」とありますが、仕事終わった後に家で勉強できる人はどれだけいるのかと言う問題にもなりますよね。

こんな人はDMM WEBCAMPは向いている

DMM WEBCAMPは以下の方におススメのスクールです。

  • とにかくプログラマーに転職したい
  • web系のプログラミングに興味がある
  • プログラマーとして成り上りたい

このような人にとっては、DMM WEBCAMPは値段以上の価値をもたらしてくれるでしょう。

-プログラミングスクールおすすめ

執筆者: